• 人事・労務に関する基礎知識
社会保険
q 社会保険について教えてください。
a 社会保険は、一般的に健康保険と厚生年金(保険)の総称を言います。
健康保険は、本人と「被扶養者」の「業務外においての災害または出産」が起きたときに給付を行います。
厚生年金は、労働者の「老齢・障碍・死亡」について給付を行います。
q 社会保険はどのような事業主が加入しなければなりませんか?
a 一般的に、法人の事業所であって常時従業員を使用するものと、法定16業種(建設・物の販売など)の事業所であって、「常時5人以上」の従業員を使用するものは、強制適用事業にあてはまります。また、その他の事業所でも、認可を受けることで適用事業所になることが出来ます。
laborwork_1社会保険労務士 橋元公男先生
労働保険
q 労働保険とはどんなものでしょうか?
a 労働保険は、一般的に労働者災害補償保険(労災保険)と雇用保険の総称を言います。
労働保険は、「労働者」に「業務上または通勤においての災害」が起きたときに「補償」する保険のことを言います。
雇用保険は、労働者が「失業」、高齢・育児・介護時の「雇用継続困難」、「教育訓練の受講」に当てはまる状況になった場合に、対応するための保険です。
q 労働保険はどのような事業主が加入しなければなりませんか?
a 労災保険・雇用保険とも、事業単位で適用され、労働者が一人でもいたら適用事業とされますが、規模の小さい個人経営の農林水産業は、暫定的に任意適用事業とされています。
また、事業主などは労災保険補償の対象外ですが、事業主を労災保険の補償内にするための「特別加入」という制度もあります。
laborwork_2社会保険労務士 橋本祐治先生
laborwork_3